忍者ブログ
プロフィール
HN:
アサクラ
性別:
女性
趣味:
妄想
自己紹介:
鋼の長兄とポッポーと次男を愛する腐れ女子
全体的に発酵中
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
拍手
なにか御座いましたらコチラ↓
感想など頂けたら泣いて喜びます。 リクエストは随時募集中。ネタをくださ(ry
お世話になってます
お世話になっています!
RocK*RanK

●主張
バーコード
忍者ブログ [PR]
http://mikirigo.blog.shinobi.jp/
腐った方向に愛をぶちまけるブログです。 たいてい腐ってます。 はじめましての方はカテゴリー内「初めにお読みください」の記事を読んでください。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

※パヤオが長男シリーズ+++
※メタル、エアー、バブルが幼児化
※いろいろと妄想いっぱい\(^o^)/
※先に前の話を読んだ方がいいです



















メタル、エアー、バブルが小さくなってから2日が過ぎた

ヒートやクラッシュに甘やかされ、甘え上手なバブルはすっかり打ち解けた
フラッシュはあまり甘やかすとわがままになるのではないかと心配しつつ、無邪気に笑うバブルとそれを可愛がるヒートやクラッシュを見ると注意出来ずにいた


エアーは、口数こそ少ないが、だいぶ表情が豊かになった
バブルに比べればだいぶおとなしいが、ウッドに絵本を読んで貰っては楽しそうに笑っていた
ウッドは、それまで自分が末っ子だったこともあり、心底嬉しそうだった
また、それまでメタルがやっていた家事を進んでやり、忙しそうに歩き回るウッドの後をちょこちょこと小さなエアーがついて回る光景は微笑ましいものだった








「問題は、メタルだよなぁ……」

クイックははぁっと溜め息を漏らす

メタルは、うーだのあーだの、単語にならない声をあげながらはいはいで動き回るようにはなった
そこまではいい



「コイツ、泣きもしなけりゃ笑いもしねぇ…」

「それだけじゃねぇよ…。飯もちゃんと食わねぇし…」


クイックの呟きに疲れたようにフラッシュが付け足す

メタルは全くといっていいほど無表情だった
普通、人間の一歳児といえば表情豊かになりそれはそれは可愛らしいものらしい
しかしメタルは、夜泣きもしなければ、おもちゃを与えても笑わない、表情がなかった

また、食事を与えようとすると暴れ出し、まともに食事を取れていなかった






「あのエアーですら表情豊かになってきたんだぞ。どうなってんだこいつは…」

「まぁメタルだからな……一筋縄ではいかないだろ…」


フラッシュが理由にならない理由を呟いた時だった







『緊急指令!緊急指令!メタルマンステージに侵入者発見!ステージボス並びに隊員は直ちに配置につき侵入者を排除せよ!』


けたたましい警告音と共に警報が鳴り響く
クイックをはじめ兄弟たちの顔色がサッと変わった

「よりによってメタルのとこかよ…」


チッとクイックが舌打ちをする



「ステージには俺とクラッシュが行く!フラッシュ、ヒート、ウッドはチビ共を頼むぞ!クラッシュは念の為一緒に来て後方で待機だ」
「わかった!」


クイックが素早く指示を出し、クラッシュと共にステージに向かい部屋を出る
普段、兄達がやっているような違和感のない適切な指示にフラッシュは少し驚いたがすぐに指示に従う



「………って!メタルがいねぇ!!」

「ええっ?!」


ヒートはエアーの手を引き、ウッドはバブルを抱きかかえている
しかし、メタルが見当たらないのだ


「メタル、どこいっちゃったのかな?」

「赤ん坊がはっていける距離なんて限られてるだろうが……お前らはバブルとエアーを頼む!俺がメタル探してくるから!」

「わかった!クイック兄ちゃん達には僕らから連絡入れとくよ!」


ウッドの返事を聞き、フラッシュは部屋を飛びした




















「よし!着いたぞ!」


メタルマンステージを襲撃した侵入者……ロックマンは、まるでコンベアのように動く足場や、敵のロボットに苦戦しつつもようやくボスステージに到着した




「行くぞ…!」

一つ深呼吸をしてからステージに足を踏み入れる


「………あれ?」



しかしステージ内は静まり返っていた
ここにくるまで散々ロックを苦しめた動く床も動きを止めている



「メタルマン!どこにいる!」

「うー…」



ロックはサッと声のした方にバスターを向ける



「……………えっ?」


しかしそこにメタルマンの姿はない
正確には、ロックの知っているメタルマンの姿はなかった

見た目はメタルマンにそっくりだ
しかし、小さいのだ。
パチリとした紅い瞳がロックを見上げる
ロックはバスターを向けたままどうしていいかわからずにいた



「う……うぇ……」

「あっ………」



それまで無表情にロックを見上げていた紅が急に歪む
ヤバい…そう思った時には目の前の赤ん坊は泣き出していた


「あ゛ぁぁぁー!!あ゛ーぁぁぁぅ!!」

「わっ!わっ!ごめん!ごめんね!!」



構えていたバスターを下ろすと赤ん坊にかけより抱きかかえる
元家庭用お手伝いロボットというだけあって、その手つきは手慣れていた


「あー゛ぅ!!ああ゛ー!!」

「うん。僕が悪かったよ…怖かったよね。ごめんね。」


ポンポンと拍子をとりながらあやしてやると、だんだんと泣き声は小さくなっていった






「げっ!ロックマン?!……ってかメタル!!!」

「クイック!メタルないてる!」



少しぐずってはいるものの、ようやく赤ん坊が落ち着いてきたと思ったら今度はクイックとクラッシュがステージに入ってきた


「ロックマン……おまえ、メタルいじめたのか?メタルは夜泣きもしないいい子なのに…」

「落ち着け、クラッシュ。」


クラッシュの顔つきが変わりドリルを構える
そんなクラッシュを止めるクイックを見てロックは言葉にならないくらい驚いた


(クイックマンが落ち着けって……落ち着けって諫めるなんて…!)



「あー…お前が相手なら話が早い。今日は帰ってくれ…。お前と戦う気はない。」

クイックがバツが悪そうな顔でロックに告げる



「なんとなく、事情は読めるけど……どうしたの?」

「………………育児休暇中だ。」



苦々しいクイックの声に反応するかの様に、ロックの腕の中の赤ん坊が小さく声をあげた










(只今育児休暇中!)






+++++++++++++++++++
家庭問題のエキスパート ロックマンが 仲間になった !


ロックは空気の読める子
元家庭用なだけあって子供の扱いもうまいよ☆


なんかgdgdですみません
いろいろすんません

てか自分で書いといてアレですが、思いの外パヤオがちゃんと長男してて吹いたwww
やれば出来るパヤオwwwロックもびっくりだよ

次回、ロック先生の子育て相談室!←

こんな扱いでごめんよロック…
PR
COMMENTS
お名前
URL
メールアドレス
パスワード
タイトル
コメント
"アサクラ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.