忍者ブログ
プロフィール
HN:
アサクラ
性別:
女性
趣味:
妄想
自己紹介:
鋼の長兄とポッポーと次男を愛する腐れ女子
全体的に発酵中
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
拍手
なにか御座いましたらコチラ↓
感想など頂けたら泣いて喜びます。 リクエストは随時募集中。ネタをくださ(ry
お世話になってます
お世話になっています!
RocK*RanK

●主張
バーコード
忍者ブログ [PR]
http://mikirigo.blog.shinobi.jp/
腐った方向に愛をぶちまけるブログです。 たいてい腐ってます。 はじめましての方はカテゴリー内「初めにお読みください」の記事を読んでください。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(バーナーとパイレーツ)















「最近さ、面白い奴見つけたんだよ」


愉しげに笑うバーナーにパイレーツは興味なさそうに息をついた
キングの召集により久しぶりに顔を合わせたとはいえ、基本的にパイレーツは他のキングナンバーズにさして関心はない
別にバーナーの話を聞く義務はないが、キングが他のナンバーズが集まるまでの暇潰しくらいにはなるだろう
パイレーツはその隻眼でちらりとバーナーを見やると無言で続きを促した




「なんかね、すっげーの。勝ち目ないって分かりきってんのにさ、ボロボロになりながら向かってきて…楽しいんだよね」

「…悪趣味だな。くだらない」


愉しそうなバーナーをパイレーツは冷たく切り捨てる
刃向かってくる相手をじわじわいたぶり楽しむようなバーナーのやり方は悪趣味としか言いようがない
パイレーツにとって、重要なのは相手が苦しみもがく様を見て楽しむことよりも、如何に相手の奪われたくないものを奪うか、ということだ
それは時には金であり、時には相手のプライドであり、奪う対象のカタチは様々だ

短く切り捨てるように呟くパイレーツにバーナーはニヤリと笑う



「おまえだってさ、同じようなことしてんじゃん?楽しくね?」

「テメェなんかと一緒にすんじゃねぇよ。俺はお前程悪趣味じゃねぇ」

「ふーん……。まぁどうでもいいけどさ。」


パイレーツの視線は既にバーナーには向けられていない
しかし、バーナーが発した次の言葉にパイレーツは隻眼を見開いた



「俺のお気に入り、ワイリーナンバーズのうちの一体なんだよ」

「ワイリーナンバーズ……?」

ゆっくりとまばたきをしてからパイレーツはバーナーを睨みつける
そんなパイレーツの反応を予想してたのだろう
バーナーは笑みを深めた




「……安心しろよ。お前のお気に入りのヤツではないからよ。俺のお気に入りはさ、その弟機の方」

「……………。」



にやにや笑うバーナーに苛立ちが募る
パイレーツは睨みつける隻眼を細め、不快感を露わにする





「ワイリーナンバーズってさ、悪のロボットって言われてる割には生温いし、いい子ちゃんばっかじゃねぇか」



バーナーの言葉にパイレーツは何も答えない
バーナーに対する苛立ちは消えないが、その言葉はあながち間違ってはいないからだ





「結局さ、俺らとは違うんだよ。だけど、面白い。ワイリーのじいさんは天才を自称するだけあるよなぁ」



自分達は何者にも縛られないロボット
だがワイリーに作られた彼等は、例えワイリーがそうプログラミングしていなくても、ワイリーに逆らうことはしない
どんな形であれ、ワイリーを敬い、創造主として畏れ、そして好いているのだ




「…気に食わねぇな」

「何が?」



低く呟くパイレーツにバーナーは面白そうに返す



「ワイリーか……やっちまうかな」

「おいおい…あのじいさん消しちゃったら俺のお気に入り直せるヤツいなくなっちゃうじゃん」

「そんな事は知らん」



うっすらと本気の光を見せる隻眼にバーナーは愉しげな笑みを一変、苦笑に変える



「まぁいずれキングが動くんだからさぁ、それまで俺らも我慢しなきゃいけないんじゃない?」

「テメェに言われなくてもわかってる」

「へいへい…」





バーナーから視線を逸らしパイレーツは面白くなさそうに空中を睨む

その隻眼には複雑に絡み合った様々な思いが滲んでいた










++++++++++++++++++++
おほっw
また寝落ち\(^o^)/

バーナーとパイレーツのよくわからんお話ですた

バーナーのお気に入りは個人的には癒やしの末っ子
だってバーナーの趣味って森林破壊でしょ^p^
あの癒やしの末っ子ウッドたんに唯一毛嫌いされてればいい
弱点武器の関係でバーナーのが強いけど、ウッドはとにかくバーナーが嫌い
バーナーはウッドが好き
好きだから気を引きたくて森を燃やしてみるぞ☆
どんな形であれ、ウッドが自分を見てくれればいいんです


キング組好きだが書くとなると難しくて鼻血出そうになったー

個人的に燃焼×海賊とかも好きかも
いい加減マイナー自重しろと怒られそうですが…

あっ、海賊はいつものように泡のことしか考えてないよ^^今回も



PR
COMMENTS
お名前
URL
メールアドレス
パスワード
タイトル
コメント
"アサクラ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.