忍者ブログ
プロフィール
HN:
アサクラ
性別:
女性
趣味:
妄想
自己紹介:
鋼の長兄とポッポーと次男を愛する腐れ女子
全体的に発酵中
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
拍手
なにか御座いましたらコチラ↓
感想など頂けたら泣いて喜びます。 リクエストは随時募集中。ネタをくださ(ry
お世話になってます
お世話になっています!
RocK*RanK

●主張
バーコード
忍者ブログ [PR]
http://mikirigo.blog.shinobi.jp/
腐った方向に愛をぶちまけるブログです。 たいてい腐ってます。 はじめましての方はカテゴリー内「初めにお読みください」の記事を読んでください。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

※20000打彫兎様リクエスト
※泡潮泡














「僕はね、この世界が嫌いなんだ」


いつもと変わらない穏やかな声音でふいに彼がぽつりと呟いた
水の底から上を見上げるその横顔は、何かを諦めたような、でも心のどこかで何かを求めてしまうのを必死に押し殺しているような、そんな淋しさの滲む表情だった



「どうして?ここは綺麗じゃない」


確かに外の世界に比べればここは太陽の光があまり届かずうす暗い
けれども、水に屈折し降り注ぐ光はゆらゆら揺れて綺麗だし、その僅かな光の恩恵を受け育った、海藻が波に揺られる様子はまるでみんな揃って体を揺らし踊っているようで楽しい
淡い桃色の珊瑚礁の影に隠れるようにして鮮やかな色彩の魚達が暮らす

光が届かなくてもここはこんなにも美しいのだ

少なくとも私はこの世界が嫌いではない





「うん。確かにここは綺麗だね」


赤や黄色の模様の入った小さな魚達が彼を慰めるかの様に彼を取り囲む
この子達は彼が大好きなのだ


「でもね、いくら綺麗な世界でも、僕は淋しいんだ」

「淋しい?何故?」


ここにはあなたのことが大好きな者達がたくさんいるじゃない
小さな魚達はとても警戒心が強い
そんな彼らがあなたにはこんなに懐いている

私が首を傾げると彼は笑った
困ったような、優しい笑顔だった



「僕も君たちのことは好きだよ」

彼を取り巻く小さな魚に笑いかける
彼の笑顔に安心したのか、色とりどりの魚達はゆらゆらと美しい尾びれを揺らし散って行った







「だけどね、それでも、僕は外に行きたい。外には僕の大切なひとたちがいるから…」


大切なひと

その言葉に胸がチクリと痛んだ
きっとその対象は彼の創造主や兄弟達
外の世界で暮らす彼の大切なひとたち
その中に私は含まれていないのだ





「……私は、あなたが大切よ」


口に出すつもりは無かったのに、無意識に言葉が音として放たれていた

しまった

慌てて口元を抑えて彼を見るとぱちりと目を見開いていた





「ごめんなさい、なんでもないの……」


気まずくなり思わず視線を逸らす
己のこの失言は、今後の私達の関係に大いに影響をもたらす
私は今の、仲の良い友好関係を保たなければならなかったのだ






「僕も、君のことは大切に思っているよ」


柔らかい声にコアが飛び跳ねる
反射的に顔をあげれば優しい眼差しが私を捉えていた




「キミがいるのなら、この世界も悪くないかもしれないね。だってキミは僕を大切に思ってくれているんだもの、淋しくないかも…」

あまりにも自然に、いつもと変わらぬ調子でそんなことを言うものだから反応に困る
AIの情報を駆使してどう反応すれば良いのか考えるが、結局はうまく言葉にならない




私は無言で彼を抱きしめた








(あなたのさみしさは私が消してあげる)

(だからここを嫌いだなんて言わないで)





(私はここで生きるしかすべがないの)






++++++++++++++++++++
酔っ払いのテンションで書いたせいでえらいことになりました。

スプはバブルと違って完全水中型っぽい
そもそも足すらないし
だから水の中が彼女の世界の全てであって外に出たいとか考えたことなかったと思う

王子様に出会う前の人魚姫だけど、スプは王子を追って外に出たがるのでなく王子と一緒に自分の世界で暮らしていきたい

あー!頭まわらなくて言葉にならない…!
とりあえず、文才が欲しいです。はい…

PR
COMMENTS
お名前
URL
メールアドレス
パスワード
タイトル
コメント
"アサクラ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.