忍者ブログ
プロフィール
HN:
アサクラ
性別:
女性
趣味:
妄想
自己紹介:
鋼の長兄とポッポーと次男を愛する腐れ女子
全体的に発酵中
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
拍手
なにか御座いましたらコチラ↓
感想など頂けたら泣いて喜びます。 リクエストは随時募集中。ネタをくださ(ry
お世話になってます
お世話になっています!
RocK*RanK

●主張
バーコード
忍者ブログ [PR]
http://mikirigo.blog.shinobi.jp/
腐った方向に愛をぶちまけるブログです。 たいてい腐ってます。 はじめましての方はカテゴリー内「初めにお読みください」の記事を読んでください。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

※アンケートご協力ありがとうございます!

※2ボスで鋼…総受け?
※この話には鋼と泡のみ

※続き物です
恋は戦争#1 次>#3
















エアーと別れたメタルはワイリーのラボに向かっていた
認めたくないが、確かに兄弟達が暴走したのはワイリーに渡されたソフトに原因があるというエアーの言い分も一理あると考え始めていた
もしそうでないとしても、どちらにせよワイリーに状況を報告しなければいけない
メタルは駆ける足を早めた







「………!」


メタルの足が止まる
前方に見える赤い機体を見つけたからだ
とっさに物陰に隠れるがキョロキョロと辺りを見回しながらクイックはこちらに近付いてくる


(まずいな…)



先ほどの様子から、恐らくメタルを探しているのだろう
この距離で逃げ出したとして、メタルが最速の弟から逃げられる可能性は低い
いちかばちか、メタルは近くの扉に飛び込んだ
このままクイックが通り過ぎてくれることを望んでの行動だった













「あれ?メタル?」


後ろから声が聞こえてメタルはびくりと体を震わす
周りを見て始めてその部屋がバブルのいるプールであったことに気付く
恐る恐る振り向くとプールサイドからバブルが顔を覗かせていた


「どうしたの?」

「………バブル」

「なに?」



少し警戒しながら名前を呼ぶ
ヒートやウッドの例があったため、メタルは注意深くバブルを見つめた



「お前は、大丈夫なのか?」

「なにが?」


首を傾げるバブル
その様子は本当にわからない、というものだった


「お前は昨日博士から渡されたソフトをインストールしたか?プログラムに異常は出てないか?」

「うーん…これといっては……良くもなってないし悪くもなってないけど…」

バブルの言葉にメタルはホッと胸をなで下ろす
バブルは自分と同じで大丈夫なのだ



「どうしたの?」

「ああ、実は……」


メタルは簡潔に今までのことをバブルに話す
クイック達の暴走、自分は今からワイリーの元へ向かうということ、その途中でここに逃げこんだこと…
バブルは大変なことになってるんだねぇ とさして大変じゃなさそうに呟く



「うーん…このままじゃより面倒なことになりそうだし、僕も手伝うよ。すこぶる面倒臭いけど」

「悪いな…」

「別にメタルのせいじゃないでしょ。あ、引き上げてくれる?」


そう言ってプールから手を伸ばすバブル
メタルはバブルを水から引き上げようとプールサイドに近寄りその手を掴む





「…………えっ?」


バブルの手を掴もうと伸ばした腕を逆に掴まれる
そのままぐいっと引かれメタルの体は水飛沫と共にプールに落下した
マスクをしていない口から水が侵入しゴホゴホと咳き込む

信じられないと言うように目を見開きバブルを見る
メタルは自分を水の中へと引きずり込んだ弟の瞳に、暗い影を見つけてしまった




「…なん…で………」

「………………。」



バブルは答えない
ただぐいぐいとメタルを水の底へと引っ張る




「バブ……ル………」


「……………ごめんね」



暗い影を宿しながらバブルは泣き出しそうな表情を浮かべる
バブルはわかってしまった
自分もクイック達と同じように暴走しているということを
こんなことをするつもりは無かった
自分は自分の感情を抑えることが出来ると思っていた
しかし、気づけば伸ばされた手を、掴みメタルを水の中に引きずり込んでいた
こんなことしたら嫌われてしまう
そう思う一方で、このままメタルを独り占めしたいという思いも渦巻いていた




「ごめん………ごめんね…」

自分は水の外ではたいした活動は出来ない

置いて行かれたくなかった
メタルと一緒にいたい
ただそれだけだった






「バブル…」

「……………。」


メタルは失望しただろう
いままでひた隠しにした寂しさをこんな形でぶつけてしまったのだ




「バブル、大丈夫だ」

「………!」



驚く程優しい声がした
見上げると腕を掴んだ手にメタルがもう片方の手を重ねていた



「心配するな、お前を置いていったりしないから」


柔らかく、メタルが微笑んだ
バブルはコアに優しいあたたかさが満ちていくように感じた
掴んでいたメタルの腕を離す


「………ごめんね」


沈もうとするメタルの体を支え水を蹴る
そのまま勢い良くバブルは水面に向かった












「大丈夫か、バブル」

「うん………。ごめん……」

水から上がったメタルは真っ先にバブルの心配をした
バブルはメタルの顔を見れずにいた
本当ならメタルに言わなければいけないことがたくさんあるのに言葉に出来なかった



「バブル、俺は大丈夫だ。だから…」


視界の端に赤が映る
恐る恐る見上げバブルは目を見開く
メタルがこちらに手を伸ばしていた




「言っただろう、置いていかないって。一緒に行こう」


優しい紅がバブルを見つめる
バブルは泣きそうな顔でその手を取った

















++++++++++++++++++++
泡鋼ってか鋼泡な気もする…\(^o^)/

もううちの泡と鋼はどっちがどっちでもいいよ!2人とも好きだし

てか私、泡贔屓しすぎですねサーセン\(^o^)/

そしてエアーに続きめったんも水に落ちましたよw
人間じゃないから水中でも喋れるよ!←

微妙に前書いた空気泡意識しました
空気は泡を引っ張ってくれて鋼は泡と一緒に歩いてくれる
要するに年長組が好きだ^p^


次で終わるといいな…

PR
COMMENTS
お名前
URL
メールアドレス
パスワード
タイトル
コメント
"アサクラ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.