忍者ブログ
プロフィール
HN:
アサクラ
性別:
女性
趣味:
妄想
自己紹介:
鋼の長兄とポッポーと次男を愛する腐れ女子
全体的に発酵中
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
拍手
なにか御座いましたらコチラ↓
感想など頂けたら泣いて喜びます。 リクエストは随時募集中。ネタをくださ(ry
お世話になってます
お世話になっています!
RocK*RanK

●主張
バーコード
忍者ブログ [PR]
http://mikirigo.blog.shinobi.jp/
腐った方向に愛をぶちまけるブログです。 たいてい腐ってます。 はじめましての方はカテゴリー内「初めにお読みください」の記事を読んでください。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

体調の方はだいぶ回復しています。多分…
とりあえず熱は下がったし吐き気もおさまりました
頭痛はまだ残っているのですが、病は気からと言いますしこれは風邪だと思い込むことにします
インフルウィルスなんかに私の鋼鉄の体が負けるはずかry
嘘です。鋼鉄どころかぶよぶよです。
似ている動物はタヌキといわれるアサクラです。動物占いはコアラです。
妹に

「風邪ひいたwwww具合悪くてハゲそうだから犬写真家ムービーキボンヌ^^」

とメールしたら

「はげろ。」


とだけ返ってきました。
絵文字も顔文字も無しで
私達はとっても仲の良い姉妹です^^^^^^^^

わたし いもうとに きらわれてるのかな …

でもそのあとちゃんと写メ送ってくれました
ツンデレめ!おねえちゃんショックで泣きそうになったぞ★

さて、そんな微笑ましい姉妹の話を交えつつ拍手お返事させていただきます。
拍手ありがとうございます!
PR
今日は布買いに行ってきたんですが、帰ってきたらなんか熱っぽい

えwwwちょwwあたま痛いんだけどwwwなぜwww
吐き気wwパネェwww

これはインフルフラグなのか?困るんだけどー
私、衣装作んなきゃやばいんだけど\(^o^)/

あああwwwでも頭いたたたたた\(^o^)/

よし、今日は寝て明日早起きする!

最近緑色の三角帽をかぶった勇者のゲームにひたすら萌えております。
猫目勇者もイケメン勇者もあのシリーズはみんな好き

我が家にはwiiがないのでイケメン勇者の新作はプレイ出来ないのですが、プレイ動画をみてひとりたぎっております。
最近の勇者は狼にもなるのか…
狼勇者もイケメンすぎてハァハァ
ミドナかわゆすハァハァ

気付いたらこんな時間でした。ナンダッテー

狼勇者みてると大神やりたくなります
アマ公の可愛さは異常
大神もwiiで出るんですよね?もう出た?

アマ公が可愛すぎて朝から晩までひたすら何もせず神州平原を駆け抜けた思い出…
武器は鏡が好きです
剣より鏡
ガスガス鏡で敵を殴るの楽しかったな…

大神やり直そう…^^


大神続編とは言わないが、新しく出ないかな
白野威とイッシャクの話とか…


最近コスイベント行ってよく大神合わせ見かけてホクホクします
アマ公は擬人化だったり着ぐるみだったり
サマイクルとオキクルミがやりたいな
ウシワカは好きだがあのピンク狩り衣が\(^o^)/



さて、ちょっと寝ますw
起きたら布!買いにいく!
インフルの恐怖に日々怯えているアサクラです。
私、今まで生きてきて幸いなことにインフルとか、大きな病気にかかったことないのでビクビクしてます。
手洗いうがいをいつものように徹底しようと思います。うす。
中学の時学校で集団感染の食中毒が発生した時も私の胃腸は元気でした。
丈夫な体に感謝です。
20超えてからちょっとした体調不良とか皮膚病とかすごいのはきっと食生活とか普段の生活が乱れまくっているからですね。
10代の頃の親の健康管理には頭が下がります…
お母さん・・・早く寝ろってしかってくれてありがとう…三食ご飯作ってくれてありがとう…
実家の方でちょっとおおきなことがあるかもしれないのでそれに備えておきます

先日は真夜中のくだらないぼやきをあげましたが、一応私の中では自己完結しています。
ブログの更新を義務化する気もなければカプを固定する気もさらさらございません。
作品を上げた時点で、一応タイトル脇に全作品CPを入れて、少し間をあけてから本文を書いてはいるので、それでなんとか許してやってください。
あとで最初にお読みくださいの記事も少し加筆修正しておきますね。

では、拍手お返事させていただきます。
(※鋼泡→潮)
(暗いです)






















「おかえり、バブル」

いつもの様にこっそり自分のプールへ戻る
夜中に城を抜け出し、数時間だけを彼女と過ごし、みんなが寝静まった頃に城に戻る
今だって、当然誰もいないと思っていたからドキリとコアが跳ねる
必死に平静を装って水面から顔を出せば、紅い装甲の長兄がこちらに視線を向けていた



「どうしたの、こんな時間に」

「ああ、さっきお前が出ていくのが見えたからな…どこかに行っていたのか?」


メタルの言葉に内心ヒヤリとする
大丈夫、僕がふらりといなくなることなんてそう珍しいことじゃない
現にメタルはさほど気にした様子もなくいつも通りだ




「ちょっと、ね。夜の海を散歩」

「そうか」



ああ、よかった
やはり僕が気にしすぎだったんだ

メタルの腕がスッと伸びてくる
僕はいつものようにその腕を掴み水中から引き上げてもらう形で上にあがる











「………誰に会った?」

「えっ……?」



掴んだ腕を逆に掴まれる
しまった…
後悔しても遅い
メタルが手を差し伸べる動作があまりにも自然だったから気付かなかった
僕を水中から引き上げたのは僕の逃げ場を奪うため
水中にいれば僕は逃げられた
だけど水の外では僕は無力だ
メタルはわかっててやってる
ギリギリと掴まれた腕に力が加えられる

痛いよ

だけどそんな文句、言える空気ではない
メタルの紅いカメラアイが無機質な光を帯びていたから
メタルは、本気だ
本気で…僕の答え次第で、行動を起こす
何をされるかなんて考えたくもない
僕にとって好ましくないことは確かだから





「海難救助用ロボット」

「………………。」

「どうして知り合ったかは知らないが………わかっているな?」


「………………。」




そこまで調べられていたのかと軽く目眩すら感じる
だけど、ここで僕が対応を間違えれば彼女に危険が及ぶ
メタルなら、やりかねない…




「ただの…観察対象だよ」

努めて冷めたような声音で言う
僕は彼女に特別な感情なんてない
ただの暇つぶしでしかないんだとメタルに言うように




「海で漂ってたらね、見つけたんだ。普通のロボットがどんなものなのか観察してみたくなっただけ。だけどやっぱり、ウマがあわないよ。つまんない」



仕方がないとは言え、チクチクと胸が痛む気がした
だけどこうしなければいけなかった
彼女の安全を守るためには




「そうか、ならいいんだ」

パッと掴まれた腕が解放される
メタルを見ればにこにこといつものように笑っていた




「バブルは、ワイリーナンバーズなんだから当然のことだったな」

「うん。メタル達といた方がたのしいよ……」

嘘をつく度にコアが締め付けられる
ああ、僕…もう彼女に会えないだろうね…



「バブル、俺はお前のことが大好きだからな」

「うん、知ってる……」


これでよかったんだよ
綺麗な彼女と僕じゃ、全てが違いすぎるんだから

これ以上関わっても、きっとなにもなかった
僕は綺麗な彼女に惹かれていたけど、彼女が僕なんかをあいしてくれるわけがない
僕は見た目も悪いし、性格もひねくれている

そんな僕に彼女が惹かれるわけがない


だけど、メタルならば僕をあいしてくれる
執着にも似た愛情は時に恐怖すら抱かせるけど、それほどまでに僕は、あいされている








(さよなら)




声にならない声で呟く
彼女への別れの言葉






僕は檻の中へ飛び込んだ










++++++++++++++++++
たまには長兄を病ませてみたかったわけで…
見事に失敗してますね\(^o^)/

M→B→←←Sp が好き
BSpは相思相愛なのに何故かすれ違ってればいい。
割とスプたんは積極的にアピールしてるのにバブルは自分に自信が無さ過ぎるせいで気付かない\(^o^)/
もっと自信持てよ!!熱くなれよ!!(修造)

めったんは行き過ぎたブラコンの延長
ヤンデメタルの場合、スプはもちろん、バブルにすら危害加えるぞ\(^o^)/

妄想乙!

結論:病んでるのは私にはかけません。
読むのは好きだけどな!
"アサクラ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.