忍者ブログ
プロフィール
HN:
アサクラ
性別:
女性
趣味:
妄想
自己紹介:
鋼の長兄とポッポーと次男を愛する腐れ女子
全体的に発酵中
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
拍手
なにか御座いましたらコチラ↓
感想など頂けたら泣いて喜びます。 リクエストは随時募集中。ネタをくださ(ry
お世話になってます
お世話になっています!
RocK*RanK

●主張
バーコード
忍者ブログ [PR]
http://mikirigo.blog.shinobi.jp/
腐った方向に愛をぶちまけるブログです。 たいてい腐ってます。 はじめましての方はカテゴリー内「初めにお読みください」の記事を読んでください。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(フラッシュとクラッシュ)

(頭悪いギャグ)














「フラッシュ!!フラッシュ!!!」

自室で寛いでいるとドタバタとクラッシュが飛び込んできた
相変わらずコイツの中には配慮という単語は存在しないらしい
しかしコイツの配慮はありがた迷惑になる場合が多いのでここはぐっと文句を飲み込む




「なんだよ……」

「キモダメシに行くぞ!!」

「はっ……?」




おまえ、単語の意味わかって言ってんのか?
そんな視線を送れば心外だと言わんばかりに口を尖らせる




「なんでまた、肝試しなんだよ?」

「テレビでやってた!おれもやりたい!心霊写真撮るんだ!」



あれほどメディアの情報操作の被害者になるなと言ったのにコイツは……
お前はまた番組製作者にまんまと踊らされているんだぞ、だいたいロボットが肝試しとか…ねーよ
そもそも肝がねーよ
あるのは内部パーツだっつうの
いろいろとツッコミを入れたかったが、言った所でコイツが聞くとは思えない
俺ははぁぁぁと溜め息をついた













クラッシュと共にやって来たのは廃病院だった
何年も人の立ち入りがないらしく、外観からして荒れ放題だ
この様子だと中も相当酷いだろう



「とっとと行くぞ」

「お、おう」




そしてなんでコイツはびびってんだ?
この程度の廃墟なら任務で行き慣れてるだろ
月明かりに照らされ浮き上がる建物は確かに不気味だが、いつも似たような場所に行ってお前は嬉々として破壊活動に勤しんでるじゃねえか




「おい、大丈夫か?」

「……大丈夫だ!でもフラッシュ先に行っていいぞ!」

「めっちゃビビってんじゃねーか…」

「びびってない!いいから行くぞ!」

「へいへい…」




俺は欠伸をかみ殺しながら廃墟の中に足を踏み入れる
中は予想以上に酷い有り様だった
歩く度に床がギシギシと耳障りな音をたてる
幽霊云々より俺は床が抜けるんじゃないかという恐怖が湧いてきた
後ろを向くと固い表情のクラッシュがぴったりと着いてくる


「あの辺の部屋で写真撮って帰るぞ」

「おう……」



俺は適当な部屋に入る
カビくさい室内はどうやら病室だったようで、汚いベッドが当時のまま放置されていた
窓ガラスは割れていてボロボロになったカーテンがバサリと風に揺れている
俺は適当に室内にカメラを向けシャッターを押す
最後にクラッシュにカメラを向けて撮影し、その日は何事もないまま帰還した












「すごかったな!廃墟!」

「そうか?いつも行ってる所と変わんねぇと思ったが…」


そんな会話をしながら通路を歩いていると前方からメタルがやって来た



「お前ら、こんな時間にどこ行って…………………」

「…………?」



メタルの言葉がピタリと止まる
珍しく驚いたような顔でじっと俺達を…正確には俺達の後ろを見て固まっている
ゾワリと人工皮膚が粟立つ
隣のクラッシュを見るとどうやらクラッシュも同じらしく固い表情でこちらを見てきた




「メタル……?どうしたんだよ…」

「………いや、気のせいだ…なんでもない……とにかく!はやく部屋に戻りなさい!」


ちょっと待て
余計気になるだろ!なんだそのあからさまな反応は!!眠気も吹っ飛ぶわ!
クラッシュを見ろ!今にも泣きそうじゃねぇか!




「メタル!」

「何だ?」


がしっとメタルにしがみつくクラッシュ
このタイミングであの反応だったから余計恐怖心を煽られたのだろう



「なにが気のせいなんだ?!」

「いや、多分俺の見間違いだろう。最近徹夜続きだったからな…今日は俺も早く休むとしよう。お前達も早く寝なさい」


ポンポンとクラッシュの頭を撫でてメタルは行ってしまった
俺達に確かな恐怖を残して……
はぐらかされる方が余計に怖いっつーの




「フラッシュ………」

「と、とりあえず写真…現像してみるか……!」



恐怖を紛らわすためにあえて明るく言えばコクコクと無言で頷くクラッシュ
俺達はとりあえず俺の自室に戻り、カメラをプリンターに繋ぐ
ガシャガシャとカートリッジが動き、映像を印刷してゆく
俺とクラッシュは少し緊張しながら吐き出される紙を見ていた



「…特に変わった所はねぇよな」

「うん…」



一枚目
ボロボロのカーテンが写ってるだけだ

次々に印刷される写真を見ても汚い病室以外は異変は見られない
二枚、三枚、四枚と写真を見ていくがどれも似たり寄ったりで正直、ほっとしていた時だった




「フラッシュ!!!!」

「ぐふっ…………!」



最後の写真を見たクラッシュの顔つきが変わる
顔面蒼白で俺に抱き付いてきた
重装甲のクラッシュの体を上手く受け止められず俺の後頭部は壁に激突する
ついでに腹部パーツからも嫌な音が聞こえたような気がしたが気のせいだと思いたい





「こ、これ………!!」

「テメェ…いてーんだよ…いきなり何だよ……」




俺の苦しみなぞお構いなしにクラッシュはべちっと一枚の写真を俺の顔に突きつける
しかもその力加減も容赦ない
べちっというよりはバシッといった方が正しい
イラッとしつつも突きつけられた写真を剥がし見やる








「これ………」

「……………。」

せっかく薄れかけていた恐怖が再来する
写真は最後になんとなく俺がクラッシュを撮ったものだった
写真の中のクラッシュは固い表情で実に間抜けだ
コイツの間抜け面は今に始まったことじゃないのでたいしたことはない
問題はクラッシュの背後だ

写っていらっしゃりましたとも
それも鮮明に
そこにいるはずのないモノが!!
お前、仮にも幽霊の類ならもう少し遠慮してさり気なく写り込め!
謙虚さというのは人間にしろロボットにしろ大切なものだというのにコイツからは全く謙虚さは感じられない
ここまでハッキリ写り込まれたらレンズの汚れとか、光の加減とか、そんな風に誤魔化せねぇじゃねえか



「フラッシュ……」

「………………。」


既に涙目のクラッシュ
お前も兄貴なら泣くんじゃねぇ
余計気分が落ち込むだろう!






「……………寝るぞ」

「えっ…?」



俺の俺一人による壮大な脳内会議の結果、俺は現実逃避をすることに決めた
つまり、この写真の存在を無視することにしたのだ



クラッシュを退かすと俺はさっさと自分の寝台に潜り込む
当然のようにクラッシュも潜り込んできたが、寛大な心で許してやる
決して恐いからではない














後日、バブルが例の写真を心霊番組に送ってそれがうっかりテレビで紹介され、兄弟中に俺達のトラウマが知れ渡ったのはそう遠くない現実だ







+++++++++++++++++++++
夏が近付いてきましたね
心霊番組は好きですがホラー映画は嫌いです


PR
COMMENTS
お名前
URL
メールアドレス
パスワード
タイトル
コメント
"アサクラ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.